個人間融資なら、本当に貸してくれるところがあるかもしれない。

そう考えているあなたなら、一度は試して見ても損はないはず。

本当に貸してもらえるかどうかはあなた次第かもしれないけど、消費者金融を回りつくしてもダメだとしたら、他に方法はある?

当時の私に必要だった給与額をも上回る飲み代

ほぼ毎日飲みに行き、支払い額が給与額を上回り、飲みに行くのをやめられず、すでに信販会社から借金をしていました。

給与日に返済すると、次の給与日まで生活できませんでしたし、借金があっても飲みにいくのをやめられませんでした。

飲みにいくのさえやめてしまえば、1年ほどで借金は返済できるつもりでしたので、切迫感はありませんでした。

しかし結局毎月数万円ずつ借金が増えていました。

給与と毎月の借り入れの合計額で生活していましたので、借入金も収入の一部のように感じていたような気がします。

でもいつかは返済できる、と軽い気持ちで借金を続けていました。

特に誰かに相談しようなどとは考えてもおらず、借金額は膨らんでいきました。

飲みにいくのだけをやめればいいと考えていました。

なぜなら、飲まなければ仕事も私生活もやってられなかった

毎月の借金をすれば、いつもどおり飲みにいくことができ、普段の生活ができましたので、生活が変化することはありませんでした。

とにかく毎日の仕事の後にどこかで酒を飲めれば満足でした。

借金ができなければ仕事も続いていたかどうかわかりません。

その頃は、借金しても酒を飲み続けられればよかったのです。

昼間はいつもどおりに仕事に精をだし、夜は酔って寝るということを繰り返しました。

今思えば、なぜ途中で改善しなかったのか不思議ですが、借金をしながらでも酒を飲み続けなければ、そのころは生活ができないと感じていました。

なので借金ができずに酒をやめなければならなかったら、仕事も辞めていたかもしれません。

そうなると基本的な生活も成立していなかったと思いますので、どうなっていたか想像もつきません。

いつかはやめるつもりだったお酒に頼っていた時期だったので、それをかなえさせてくれた借金は、私にとって大事なものでした。

結局のところ今でも仕事が続いているのは借金のおかげというわけです。

借金は抵抗感じない理由や金額までと決めていれば大丈夫

毎月数万円ずつ借金は膨らんでいきましたが、生活を改めればすぐに返済できるという気持ちでいました。

なので当時の借金総額は今考えれば多額なのですが、借金を続けていくことに抵抗は全く感じていませんでした。

お酒をやめて体も健康になって借金もなくなるのは、自分の決意次第ですぐに実現できると考えていました。

なので知人などにも借金があることを特に隠すこともなく話していました。

借金をすることに抵抗はなかったので、抵抗感を乗り切る必要は感じませんでした。

今の自分には借金をしてでも酒を飲みにいかなければ仕事が続かないと感じていたので、借金は必要と思っていたからです。

いつかは返済できる金額だと思っていたことも抵抗がなかった要因だと思います。

抵抗を感じるような金額まで膨らんでいたらと思うと怖いと思います。

途中で返済に回ることができて幸運でした。

借金をする理由を断ち切ることができるつもりでいれば抵抗は感じないと思います。

毎日飲みにいくことを続けることで、仕事を続けられたというのは、当時の自分にとって正当な考えでしたので、それを助けてくれた借金には感謝している部分もあります。

しかし自分の収入以上の浪費は、当時の自分にはよくても、将来の自分には大きな足かせとなりました。

結果的に飲みに行くための金額は減らすことに成功したので、当時の想定どおりに借金も減らすことができてはいます。

今思えば、あの時の借金は自分にとって必要だったのだからしょうがないと考えています。

借金をしたあとはお金のことについて考えて改善しながら返済していけばなんとかなる

今のりこえなければならない問題を解決しなければ、将来のことも考えることができません。

私にとっては飲みにいくための借金は必要なものでしたので、大きな後悔はしていません。

しかし身の丈にあった以上の金額を消費し続けると、いつかは生活を継続できなくなります。

今の自分を変えることも大変なことですので、いつかは返済できる、という安易な考えは将来の自分の足かせを作ってしまいます。

なるべく早く生活と性格を変容させることが大事だと思います。

毎日のように飲みにいくことで膨らんでいった借金だったので、その原因である酒をやめることで急速に借金の返済をすることができました。

他にお金を使う趣味をもっていませんでしたので、消費する原因がなくなり自然に借金はなくなりました。

私の場合は酒を再開しないようにだけ気をつけて、そこに対するモチベーションだけを下げないようにしていました。

毎月数万円借金していたのですが、その倍以上を返済することができていたので、思ったより早く借金はなくなりました。